The Japanese Study Group for the Pathophysiology of the Liver.(JSGPL)
Contents
 
第19回肝病態生理研究会プログラム 抄録
 
■開会の辞 12:30  
特定医療法人大坪会 三軒茶屋病院 顧問 平野 正憲

■セッション1 肝代謝 12:35〜

座長:東北大学大学院医学系研究科 消化器病態学分野 准教授 上野 義之

1. ウイルソン病において銅過剰は肝細胞へ如何なる影響を与えているか pdf
  産業医科大学 第3内科学
本間 雄一 原田 大 日浦 政明 柴田 道彦
阿部慎太郎 田原 章成    
 
2. インフリキシマブによると考えられる薬剤性間接型高ビリルビン血症の1例 〜フェノバルビタールによるグルクロン酸抱合酵素(UGT1A1)活性促進の有用性〜 pdf
  広島大学病院 総合内科・
総合診療科
岸川 暢介 菅野 啓司 松田 聡介 生田 卓也
山本 理哉 横林 賢一 山崎あい子 溝岡 雅文
佐伯 俊成 田妻 進    
 
3. 慢性胆汁うっ滞時の胆汁酸合成制御に関する検討
  東京医科大学 茨城医療センター
消化器内科
本多  彰 池上 正 宮普@照雄 松普@靖司
  国立九州医療センター 消化器科
中牟田 誠      
 
4. Troglitazone反応性代謝物の消失におけるglutathione-S-transferase (GST)分子種の選択性に関する検討 pdf
  東京大学大学院 薬学系研究科 
分子薬物動態学
前田 和哉 岡田 蘭 杉山 雄一  
  東京薬科大学 薬学部 
薬物代謝安全性学教室
西山 貴仁 平塚  明    
  積水メディカル株式会社 
薬物動態研究所
青山 晋輔 戸塚善三郎    
  横浜薬科大学 薬学部 
薬物動態学研究室
池田 敏彦      
 
5. Ritonavirの薬物動態学的boosting効果の解析 pdf
  星薬科大学 薬剤学教室
森下真莉子 都丸 充子 高山 幸三  
  東京大学大学院薬学系研究科 
分子薬物動態学
前田 和哉 小谷 直生 杉山 雄一  
  九州大学大学院 薬学研究院 
薬物動態学分野
家入 一郎 安東 幸恵    
  相生会九州臨床薬理クリニック
木村美由紀 入江 伸    
  積水メディカル株式会社
奥薗 剛      
  株式会社JCLバイオアッセイ
山根 尚恵      

■セッション2 トランスポーター 13:15〜

座長:筑波大学大学院 人間総合科学研究科 スポーツ医学 スポーツ医科学基礎論 教授 正田 純一

6. [11C]SC-62807を用いたPositron Emission Tomography (PET)による胆汁排泄輸送評価 pdf
  理化学研究所 
分子イメージング科学研究センター
高島 忠之 片山由美子 高島 好聖 和田 康弘
鈴木 正昭 渡辺 恭良    
  東京大学大学院 薬学系研究科 
分子薬物動態学
Chunyong Wu 楠原 洋之 杉山 雄一  
 
7. 肝取り込みおよび肝代謝の阻害に基づくitraconazole, gemfibrozilとrepaglinideとの相互作用解析 pdf
  武蔵野大学 薬学部 
薬物動態学研究室
伊藤 清美 工藤 敏之    
  東京大学大学院 薬学系研究科 
分子薬物動態学
杉山 雄一      
 
8. シクロスポリンによる有機アニオントランスポーターOATPsの持続的阻害 pdf
  千葉大学大学院 薬学研究院 
生物薬剤学
設楽 悦久 竹内久美子 永松 佳子 和田 怜美
堀江 利治      
 
9. 胆汁酸トランスポーターBile salt export pumpの細胞内ソーティングに対するユビキチン化の役割
  東京大学大学院 薬学系研究科
分子薬物動態学
相田 健佑 林 久允 杉山 雄一  
 
10. 肝腫瘍由来不死化細胞株HepaRG細胞における薬物トランスポーターの機能解析 pdf
  東京大学大学院 薬学系研究科
分子薬物動態学
小谷 直生 前田 和哉 杉山 雄一  
  Biopredic International
Sandrine Camus Ruoya Li Christophe Chesne  

■特別講演 13:55〜

座長:東京医科大学 茨城医療センター センター長 松普@靖司

薬物の効果・副作用に及ぼす肝トランスポーターの役割:
薬物間相互作用、遺伝子多型を中心に
  東京大学大学院 薬学系研究科
分子薬物動態学 教授
杉山 雄一      

■セッション3 肝硬変・肝線維化 14:25〜

座長:三重大学医学部 消化器内科学 教授 竹井 謙之

11. 非代償性肝硬変に出現する血漿中L-Cystine / L-Glutamate不均衡がCD14+単球機能に与える影響について pdf
  東北大学病院 消化器内科
嘉数 英二 上野 義之 近藤 泰輝 福島 耕治
井上 淳 二宮 匡史 木村 修 小原 範之
涌井 祐太 岩崎 隆雄 下瀬川 徹  
 
12. C型慢性肝疾患における肝線維化の進行とTIMP-1およびTIMP-2遺伝子多型との関連
  鳥取大学 医学部 第2内科
岡本 欣也 池淵雄一郎 石田 千尋 村脇 義和
 
13. C型慢性肝疾患における線維化予測式FibroIndexの臨床応用 pdf
  鳥取大学 医学部 
機能病態内科学
孝田 雅彦 藤瀬 幸 徳永 志保 法正 恵子
岡野 淳一 村脇 義和    
 
14. 精神神経機能テストによる潜在性肝性脳症の診断
  鳥取大学 医学部 
機能病態内科学
法正 恵子 孝田 雅彦 村脇 義和 木科 学
加藤 順 藤瀬 幸 徳永 志保 的野 智光
植木 賢 岡本 欣也 大山 賢治 岡野 淳一太
前田 直人      

コーヒーブレイク 14:57〜15:17

■セッション4 肝癌 15:17〜

座長:順天堂大学医学部 肝胆膵外科 教授 川崎 誠治

15. HBV関連肝癌細胞から産生されるケモカインの検討 pdf
  東北大学病院 消化器内科
近藤 泰輝 上野 義之 小林 光樹 嘉数 英二
井上 淳 二宮 匡史 下瀬川 徹  
 
16. C型肝炎患者における肝発がんと血清Adiponectin濃度との関係
  東京大学 医学部 消化器内科
新野 徹 中川 勇人    
 
17. インスリン抵抗性条件下における肝癌治療:
分枝鎖アミノ酸 (BCAA)とACE阻害薬併用による再発予防の試み
 pdf
  奈良県立医科大学 第3内科
(消化器・内分泌代謝内科)
吉治 仁志 池中 康英 野口 隆一 鍛治 孝祐
相原 洋祐 植村 正人 山尾 純一 藤本 正男
美登路 昭 豊原 眞久 吉田 太之 沢井 正佳
榑松由佳子 福井 博    
 
18. 非B非C型肝癌におけるアルコールの関与 pdf 
  鳥取大学 医学部 
機能病態内科学
前田 直人 大山 賢治 岡野 淳一 孝田 雅彦
村脇 義和      

■セッション5 生活習慣病と肝病態(基礎) 15:49〜

座長:高知大学医学部 消化器内科学 教授 西原 利治

19. FXRリガンドによる脂肪肝改善効果の検討
  東京医科大学 
地域医療振興学講座
宮普@照雄      
  東京医科大学 茨城医療センター 
共同研究センター
本多 彰      
  東京医科大学 茨城医療センター 
消化器内科
池上 正 松普@靖司    
 
20. Glucagon-Like Peptide-1 (GLP-1)アナログの非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)に対する効果 pdf
  愛知医科大学 医学部 
消化器内科
中出 幸臣 山本 高也 坂野 文美 金森 寛幸
大橋 知彦 佐藤 顕 中尾 春壽 米田 政志
 
21. FLS-ob/obにおけるNASHに対するエゼチミブの治療効果
  鳥取大学 医学部
機能病態内科学
的野 智光 孝田 雅彦 木科 学 加藤 順
徳永 志保 村脇 義和    
 
22. トランス脂肪酸摂取が脂肪性肝炎に与える影響 pdf
  順天堂大学 医学部 消化器内科
今 一義 池嶋 健一 山科 俊平 渡辺 純夫
 
23. 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)におけるKupffer細胞貪食能低下の評価 pdf
  高知大学 医学部 消化器内科学
小野 正文 廣瀬 享 西原 利治 大西 三朗
  高知大学 医学部 放射線医学
久保田 敬 小川 恭弘    
  宮崎大学 農学部 
獣医学科臨床放射線
浅沼 武敏      

■セッション6 生活習慣病と肝病態(臨床) 16:29〜

座長:愛知医科大学 消化器内科 教授 米田 政志

24. NASHはなぜ高齢女性に多いのか pdf
  市立奈良病院 
消化器肝臓病センター
角田 圭雄 稲田 裕 原 祐 酒井 恭子
金政 和之      
  同志社大学大学院 
生命医科学研究科 
アンチエイジングリサーチセンター
米井 嘉一      
  大阪府済生会吹田病院
岡上  武      
  京都府立医科大学 消化器内科
安居幸一郎 伊藤 義人 内藤 裕二 吉川 敏一
 
25. NAFLD、C型慢性肝炎における内臓脂肪量測定の意義 pdf
  三重大学 消化器内科学
岩佐 元雄 諸岡 留美 杉本 龍亮 宮地 洋英
田中 秀明 藤田 尚己 竹井 謙之  
  三重大学 保健管理センター
小林 由直      
  三重大学附属病院 
栄養指導管理室
岩田加壽子      
 
26. 非アルコール性脂肪性肝疾患の進展には骨格筋の糖代謝と加齢が影響する―骨格筋脂肪化進展と非侵襲的肝線維化予測モデルによる検討 pdf
  佐賀大学 医学部 内科学
北島陽一郎 水田 敏彦 磯田 広史 桑代 卓也
高橋 宏和 尾崎 岩太 安西 慶三 藤本 一眞
  佐賀大学 医学部 総合診療部
江口有一郎 小泉 俊三    
  医療法人ロコメディカル 江口病院
岡田 倫明 小野 尚文 江口 尚久  
  市立奈良病院 
消化器肝臓病センター
角田 圭雄      
  広島大学大学院 
分子病態制御内科学
木村 友希 兵庫 秀幸    
 

論文掲載情報

掲載誌 Journal of Gastroenterology and Hepatology. 2013; 28(9): 1507-1514
タイトル Severity of non-alcoholic steatohepatitis is associated with substitution of adipose tissue in skeletal muscle
執筆者 Kitajima Yoichiro
共同執筆者 Hideyuki Hyogo, Yoshio Sumida, Yuichiro Eguchi, Naofumi Ono, Takuya Kuwashiro, Kenichi Tanaka, Hirokazu Takahashi, Toshihiko Mizuta, Iwata Ozaki, Takahisa Eguchi, Yuki Kimura, Kazuma Fujimoto, Keizo Anzai, JSG-NAFLD
 
27. NASHにおける運動療法の効果:核医学検査、造影エコー、病理所見の検討 pdf
  関西医科大学 消化器肝臓内科学
是枝 ちづ 谷野 朋子 村田 美樹 岡島 愛
関 寿人 岡崎 和一    
  関西医科大学 放射線科
河 相吉      
  関西医科大学 
循環器腎内分泌代謝内科
大谷  肇      

■閉会の辞 17:01  
  東京医科大学茨城医療センター センター長 松普@靖司
   
<<BACK
第一三共